地球温暖化の大うそに「ピノキオ」五つ

エルンスト・トッホ「ピノッキオ 楽しい序曲」

今日今晩は。
「国際環境NGO(嘘)RealCrazyClimate」の会員某で~~~す。

アラスカを利用した温暖化プロパガンダの4回目。


2017年7月27日(木)の朝鮮日刊新聞朝刊紙面より(記事が短いから朝日新聞デジタルでも全文読めるけど、これまで紙面を掲載し続けてきたから、そして、隣にIPCCの記事が掲載されてから、今回も紙面をスキャンした。)

いやはや、まったく。
7月18日の投稿で解説したばかりなのに、「コロンビア氷河が地球温暖化で後退しつつある」だと!
(それかあらぬか、今回は1面でもなく、木曜日に定期掲載されてる科学欄でもなく、「総合」面に掲載されてる。)

しかも、だ。
WUWTが紹介してたから、知ってるだろうけど、上の記事の1週間前に、コロンビア氷河の後退は気温との因果関係が無いことを示す論文が発表されてたんだね。
(もちろん、このような論文が出てくるのは、6月28日の投稿で解説したとおり、アラスカでは1980年以降に気温上昇が認められないから。)
これまた、7月18日の投稿で紹介したとおり、「温暖化進むと・・・離陸できない」などという論文を朝刊の1面で採り上げながら、こちらの論文は報じずに「コロンビア氷河が地球温暖化で後退しつつある」だと!

しかも、だ。
私めのスキャナが安物だから写りが悪いけど、朝鮮日刊新聞映像報道部のツイッターを見れば一目瞭然。
(朝日新聞デジタルの記事の写真よりもコチラの方が大きくて見やすい。)

ススで真っ黒け。
それなのに、「コロンビア氷河が地球温暖化で後退しつつある」だと!

しかも、だ。
同じ日の朝刊には、こんな記事も掲載してた。


2017年7月27日の朝鮮日刊新聞朝刊紙面より

コヤツらは、温暖化プロパガンダを「事実チェック」され、「温暖化の大うそに『ピノキオ』五つ」捺されると、「コロンビア氷河が地球温暖化で後退しつつある事実認めぬ人」と泣き喚くんだね。
己らこそが「事実認めぬ人」であるという「真実」を覆い隠すために、こんな記事を書いてるんだよ。

もちろん、「事実認めぬ人」は鬼畜左翼だけじゃねえ。

これまた、7月18日の投稿で紹介したとおり、「中国企業およそ250社が世界各地で進められているおよそ1600もの石炭火力発電事業の約半分に関わっている」にもかかわらず、WWFは「日本は化石燃料への投融資がG20で最多だった」と喚き立て、鬼畜左翼もそれだけを報じた。
コロンビア氷河が真っ黒けであるという「『真実』を示されても受け入れない人たち」が、それは中禍塵民凶和国の石炭が原因であるという「『真実』を示されても受け入れない人たち」が一致協力して、我国を貶めようとしてるんだね。
これが温暖化プロパガンダの「真実」だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。