STOP THE 温暖化詐欺

fig 00-01
2013年5月22日の朝日新聞夕刊紙面より

これは2013年5月の朝日新聞環境欄である。
危機が目前に迫っていると喚き立てているが、それは本当だろうか?

全くのデタラメである。
CO2の排出で顕著な温暖化(気候変動)は起こり得ない。
「IPCCの報告書は『温暖化には疑う余地がない』と結論づけている」と言い立てているけれど、IPCCの人為的(排出CO2)温暖化説に科学的根拠はほとんど無い。
以下、そのことを解説する。

第1章 CO2の温室効果には上限がある
第2章 IPCCの温暖化説とは?
第3章 地球は水の惑星
第4章 温室効果飽和に対する愚かな反論
第5章 ホッケー・スティック曲線の虚実
第6章 アル・ゴアの全く不都合な真実
第7章 北極圏の全く不都合な真実
第8章 アルプスの全く不都合な真実
第9章 南極の全く不都合な真実
第10章 気温上昇の停滞と人為的温暖化説の破綻
第11章 「温暖化で沈む国」の全く不都合な真実
第12章 IPCC第5次報告書の市民向け要約
第13章 IPCC「1.5℃特別報告書」の全く不都合な真実
第14章 異常気象の全く不都合な真実
第15章 CO2排出が招く諸々の不都合の全く不都合な真実
第16章 江守正多の全く不都合な真実

広告